Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を大切にするか、の「何」が大切

早口コトバみたいなタイトルですね。

わが子には、「過剰歯」というものがあります。

男子に多いらしく、たいてい1本、まれに2本、
とのことですが、
わが子はしっかり2本。

1本は、歯茎から生えてきたので
すぐに前歯の乳歯とともに抜歯。

2本目は、レントゲンによると
逆さまに生えている、とのこと。
永久歯の邪魔をしているので
抜いたほうがいいけれど、
普通の歯医者さんではちょっと難しい手術になるかもしれない
と言われました。

それで、セカンドオピニオンというのでしょうか、
他の先生のご意見も聞きたくて
わたしが行っている歯医者さんにみてもらいました。

そこでもやはり、
「口腔外科に紹介状を書くわ」
と言われました。

仕方ない、と思いながらも、
歯医者さんすら、毎回泣きながら行く子が、
手術に耐えられるのだろうか??
と、ひそかに心配していました。

が、2回目に行ったとき、
先生がこういわれました。

「あの子の性格から、
手術をすると、ココロへのダメージが大きいから、
もう少し様子をみたほうがいいと思うんだけど、どう?
歯は少しくらいねじれても直せるし」


たった2回の診察で、
わが子の性格を見抜いている!

そして、歯医者さんなのに
「歯」のことよりも「人」のことを考えてくれている!

すごーい!ととってもうれしくなりました。

歯医者さんは歯の専門家。
だけど、歯のことだけではなく、
その人、そのものを大切にしてくれるって
すばらしい!と思いました。

パン屋の夫もそうです。
おいしいパンを作ることは、大前提。
でも、おいしいパンを作ることが大切ではなくて、
それを食べた人が、元気に、幸せに、笑顔になってくれることが
大切。

わたしも、そんなプロになります!






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。